このところ平凡な日々を送っている僕にはブログに載せるネタも無く、釣りブログを色々と拝見しては羨ましいと思っているばかり。

21日のこと、いつものようにブロトモさんの記事を拝見していると「にゃんこtoさかなtoときどき野菜」のgrieveさんがアコウを釣られている記事をアップされているではありませんか!!

しかも48cmの超大型。

釣ったその場で計測されていたら50cmを超えていたのではないかな?

スーパーの鮮魚売り場ではあまり見かけない魚なので御存じない方も少なくないかもしれませんが、関西、北陸(特に但馬、若狭から新潟)にかけての日本海側沿岸で釣れる夏の風物詩に代表される魚で超高級魚なんです。

そんな高級魚であるアコウを求め、僕や中原さんはアオリイカのオフシーズンとなる夏の一時期、但馬から越前までを走り回っています。

grieveさんの記事を拝見して羨ましく思った僕たちは、毎晩電話で釣れないアオリイカよりも早く夏になってアコウを狙いたいとそんなことばかり話しています。

そして過去の画像データーを繰り見つけたのがこの画像。

R01_0056_convert_20100224185128.jpgR01_0075_convert_20100224185204.jpg 

30cmまでのアコウならショアからでも釣ることはできるのですが、40cmを超えるものとなるとシーズン中に一匹釣れるか釣れないか。

でもたまに爆釣りすることもあるんですよ。

コレは中原さんの自己ベストの49cm。

R01_0061_convert_20100224171634.jpg

 このアコウのバイトを捉えフッキングに持ち込んでからが大騒ぎ。

オーシャンルーラーのロックフィッシュロッドのアルテミス76HT -Pがバットから曲がり、PEラインは金属音を出しドラッグは悲鳴を上げていました。

諦めずにハンドキャッチまで持ち込んだ中原さんはそれから一週間自慢ばかり。

翌週リベンジに再度トライした僕も自己新記録の48cmを釣り上げたのですが・・・・中原さんの嫌がらせで逆光で写真を撮られてしまい真っ黒け。リバーサルフィルムだったので如何しようもありません。

このことがあってからフィルムカメラとデジカメを二つ持つようになったのですが、僕が釣っても中原さんは撮ってくれないんです。

自分が釣った時は撮れ撮れとうるさいくせに。

今回はgrieveさんのアコウが羨ましくて過去の釣果を振り返ってしまいましたが、できるだけ新鮮なネタをご報告させていただきたいと思っているんですよ。

本当ですよ~

気持ちはあっても釣れないんです~

でも今年の夏はgrieveさんの48cm?多分50cmを超えているアコウを目標に、中原さんとフィールドに通おうと思います。

待っててくださいねgrieveさん、僕も50cm釣りますから。

僕が50cmを釣るまで決して、今回以上のアコウは釣らないでいてくださいよ。

スポンサーサイト