ブログを再開したもののアップが滞り申し訳ありません。

大阪に帰ったら帰ったで、2ヶ月間のツケが一気に伸し掛かったもので。

でもちゃんと釣りには行けているんですよ。

今回、21日の釣りは中原さんと都合が合わず、今回は僕の一人旅。

アオリイカを狙いに和歌山中紀に行こうか若狭に剣先イカを狙いに行こうかと

散々迷ったあげく「陸海らいふ ~一期一会~」のタルタルさんがアップされた

真鯛の記事を思い出し、若狭に真鯛をショアから狙いに行ってきました。

僕の唯一知る真鯛の狙えるディープポイント、そうです山を40分さまよい

心霊スポット? の廃墟小屋があるあのポイントです。

やっぱりあんなポイント一人で 行くものではありませんね。
(無茶怖かった~)

しかもタックルが重くって・・・・特に一眼のカメラ
(使いこなせないくせに見栄を張って購入した)


この日は三重でアカハタを釣った自作ルアーのスイムテストを兼ねての真鯛狙い。

まずボトムを取ってから中層までを丁寧に探ります。

特に急激に落ち込むブレイクのボトム際は慎重にルアーをリトリ―ブ。

すると活性の高いガシラ(カサゴ)が真鯛よりも先にロッドクレイオスの

ティップを小気味 良く叩いてきます。

真鯛狙いにパワーのあるクレイオスをと思ったのに、釣り上げたガシラは

20cmに満た ない小型なので引きを楽しむことなど出来ません。

一体真鯛は何所にいるのでしょう?ルアーが悪いのか僕にテクニックが

無いのかまったく 釣れずに3時間。

釣れるのはキャスト後のボトム取りのための着底でバイトしてくるミニガシラのみ。

3時間で30匹位釣ったでしょうか、取り込んではリリースの

繰り返しにも飽きました。

日没までの時間も僅かしかなく、暗くなって廃墟を通るのは怖いし。

このままでは中原さんに見せる釣果の証拠写真が撮れないので、真鯛

を諦め少しでもサイズアップしたガシラを釣ろうとボトムを叩いてそこそこの

ガシラとアコウをゲット。

このぐらいのサイズならクレイオスでなくアルテミスのほうが引きを

楽しめたのにと後悔。

IMG_3057_convert_20110524145259.jpg 
この日の証拠写真  ガシラ(カサゴ)22~27cm 3匹
              アコウ(キジハタ)    32cm    1匹
前のメバルの時も釣れましたが、アコウが釣れる適水温に近づいているのですね。

なら次回の釣行では、本格的にアコウの40cmクラスを狙うことを決めさっさと撤収。


薄暗くなって廃墟を通るのはやっぱり怖かった~

MEMO
この日は真鯛狙いのためほとんどの時間を真鯛狙いのメソッドに充ててしまったが

変化にとんだポイントなので軽いリグを使って、シャローのシモリ際の潮の払い出し

に乗せてワームなどソフトベイトをリトリーブさせてやれば、この日釣った同型アコウ

を追加できていたかもしれない。
TACLEDATA

ロッド   クレイオス L  92TP -MH(オーーシャンルーラー) 
リール  ステラC3000     (シマノ)
ライン   PE 1号 剛戦Ⅹsw  (ゴーセン)
       リーダー2号 エギファイヤー  (ゴーセン)

ルアー  自作ハードベイト
スポンサーサイト