貧乏暇無しのイザッチです(≧∀≦)∩

毎日、雨、雨、雨、うっとおしいですね。

いつになったら梅雨があけるのでしょうか??

そんな長雨の中休み(天気予報では)の日曜日、懲りもせずに若狭へと

親イカを求めてエギングに行ってきました。

天気予報では一日曇り空で時々晴れ間も覗くと言っていたのに、曇り時々雨

じゃないですか(;´-`)...。

ところによっては雨に降られない所もあったそうですが・・・・。


そんな日曜日、悩みに悩んで釣行を決意。

ポイントに付いたら丁度お昼過ぎ、アオリイカの時合いにはまだ早すぎるだろうと

アコウ狙い。

ウィードレスシンカーにワームの組み合わせでいつものようにボトムバンピングと

リフト&フォールでガシラ(カサゴ)をゲット。

ガシラはいつもより良型の23~27cmが数釣れたのですけど・・・・アコウはねぇ~

前の釣行(先々週)では40cmクラスが2本も出たのに、この日はテンポ良く釣れる

ものの24~27cmまでと小型ばかり。
_MG_3249_convert_20110621121805.jpg

唯一30cmを超えたのは中原さんが釣った33cmの青ハタだけにがっかり(;-A-;)。
_MG_3262_convert_20110621121912.jpg

ふと荒れた海の沖合いを見てみると目の前と違った白波が立っているように見えました。

後で漁師さんに聞くとかなり大きな群れでイルカが回遊していたとのこと。

それじゃあアオリイカも釣れるはず無いですよね。(とりあえず言い訳を前もって)

そんなイルカの回遊のことなど知らない僕たちは日が傾きだした頃からエギを

マシンガンキャスト。

でも・・・・ぜんぜ~ん反応が無いんですよ。

1時間粘ってキャストを続けるのですが釣れるどころか気配すら感じ取れません。

仕方なくアオリイカを諦め剣先イカが釣れるポイントへ移動。

去年爆釣したポイントもイルカのせいだったのでしょうか、反応すら無くたま~に

ラインが走り合わせて取り込むのは3.5号のエギと同寸の白イカだけ。
_MG_3227_convert_20110621121602.jpg 
それを釣ってはリリースを繰り返していたのですけど、写真を撮っていないのに

気が付き最後のほうで釣った4ハイほどを写真用にキープ。
_MG_3234_convert_20110621121642.jpg


なんとも貧相な釣果写真となってしまいました。

タックルを片付ける最中にやけくそで釣れた胴長34cmは立派かな??

でも後が続かずこれ1パイだけ。

去年はこんなに釣れたのに~(v^ー°)
085_convert_20110621121345.jpg
今年の若狭は一体どうしたのでしょう。

まったくイカの情報が入ってこないし、釣れないし。

次の週末はまた雨だそうだし、このまま親イカのシーズンが終わってしまうので

しょうか???

6月はショアジギにロックフィッシュとも絶好調な中原さんも、イカに関しては神経

をピリピリさせて不機嫌なんです。

一体何所へ行けば中原さんが喜ぶイカが釣れるのでしょう。

何方かご存知の方がいらっしゃったら教えてくださいませんか~(´ ▽`).。o

TACLEDATA

ロッド   ロンギヌス89ET        (オーーシャンルーラー) 
リール  ステラC3000     (シマノ)
ライン   PE0.6号 アオリイカエギファーストクラス  (ゴーセン)
       リーダー2号 エギファイヤー  (ゴーセン)
エギ    名匠餌木PRO3.5号   (釣研)     
          

ルアー  自作プロト
      ウィードレスシンカー   (オーシャンルーラー)   
      ワーム       (エコギア) 
スポンサーサイト