季節はもう冬、完全防寒が必要になり慌ててニット帽を探して釣りに出かけました。

土曜、日曜は天気も良く格好の釣り日和。

本当ならエギングは12月の中旬を予定していたのですが、あまりにも天気がい

いとの 予報に乗せられ無理やりエギングに行ってきました。

とは言え、強引に予定を変えたので時間がありません。

南紀まで足を伸ばしたかったのですけど往復の時間を短縮し実釣時間に充てた

かった ので中紀周辺でランガンすることにしました。

漁港周辺の常夜灯が海面を照らし出す明暗部を丁寧に探ると200~400g弱の

アオリイカが連続ヒット。 

そんな中、中原さんが800gの良型のアタリを捉え取り込みに成功。
IMG_0524_convert_20131204110955.jpg 
防波堤角の潮のヨレにW-SWORDを上手く通して乗せたとか。

僕も潮の流れを読みエギをコントロールしているつもりなんですが、僕に釣れる

のは300g前後の物足りないサイズばかり。
IMG_0564_convert_20131204111031.jpg 

潮が利いている時は退屈しない程度にアタリがあったものの、潮が緩みだした

途端にアタリが遠のき移動を強いられることになりました。


ナイトエギングで寒いから本当は帰りたかったんですけど中原さんがまだ釣れ

るって欲を出すものだから・・・・。

次のポイントに選んだ場所は、防波堤の先に一文字沖堤防のある水道となる所。

潮が緩むタイミングでも若干流れが感じられるポイントでした。

潮上にキャストしてから潮に乗せてのフリーフォール。

エギの位置をラインの伸びる方向で掴みゲームを組み立てます。
IMG_0517_convert_20131204111153.jpg IMG_0556_convert_20131204111225.jpg
僕のほうが前に突き出しているので大きく見えるかも?

実際は中原さんが釣ったアオリイカのほうが大きいんです。
IMG_0530_convert_20131204214117.jpg 
この2ハイをキャッチした後、潮が完全に動かなくなり終了。

何とかアオリイカをキャッチしましたけど、寒い夜のエギングは

やっぱり辛いですね。

釣果
中原・・・・・・210g   840g  750g
イザッチ・・・250g   270g  330g  460g  630g 


タックル
ロッド      ロンギヌス89ET (オーシャンルーラー)
リール     ステラC3000 (シマノ)
エギ      W-SWORD3.5号  (釣研) 
ライン     エギファーストクラス0.6号 (ゴーセン)
         エギファイヤーリーダー2号(ゴーセン) 





スポンサーサイト