2017.6.11午前3時阪神マリンさんを出船。

風、波が高く釣を断念しようかと考えるほどの状況に風裏を探してうろうろと

ボートを走らせること1時間。

やっと見つけたコンテナヤード護岸でのファーストキャストで中原さんがまず1本。
DSC01905_convert_20170612192723.jpg
セイゴクラスの1本でしたが、悪状況でも釣れてほっと一安心。

一時は釣りを断念しようと考えた悪状況も、中原さんのこの1本を切っ掛けに

写真を撮る間もないほどの爆釣モードに突入。

決して満足のいくサイズではないもののセイゴクラスのシーバスが連発。

中原さんは、ファーストキャストから連続で5本、僕も同サイズを

続けて3本キャッチするほどの入れパク状態が続きました。

キャッチ&リリースに慌ただしいボート上の作業に

夜が明けていることさえ気が付きませんでした。

やっと落ち着いた時には中原さんが9本、僕が6本のセイゴ?ハネ?微妙?を釣り、

このサイズの引きに飽きてきたころ。

サイズアップしたシーバスを求めボートを走らせるものの、波風が高く実績のある

ポイントではキャストができないほどの状況に(o´_`o)ハァ・・・

そんな時、以前阪神マリンさんが教えてくださったポイントを思い出しDASH。

このポイントもセイゴクラスをメインを中心にキャストの度にバイトがあり

ロッドを曲げてくれます!!(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゚))))彡
DSC01914_convert_20170612192753.jpg 
いい引きなんですけどハネクラスなんですよね。


DSC01912_convert_20170612192822.jpg 
ここではハネクラスにサイズアップしたシーバスが入れ食い状態になり

面白いようにロッドを曲げてくれます。

少しばかりサイズアップしても数釣ると、さらにサイズアップを求めるのが

アングラーの習性。

同じことを中原さんも考えていたようでさらなるサイズアップを求めて移動。

今までに釣ったハネ、セイゴクラスとも若干レンジが深いところでバイトが

集中したため少し水深のあるポイントでサイズアップを図ります。

でもやっぱり釣れるサイズは一緒、ハネクラスでした(´_`。)
DSC01918_convert_20170612192848.jpg
ハネクラスに不機嫌そうに見える中原さん、これでも連続ヒットして

喜んでいるんですよ。

釣果  セイゴクラス  10本
     (バイトは無数にあるもののサイズが小さいからかミスバイトが多発)
     ハネクラス   13本
     シーバスクラス 0本


タックル

ロッド: ディアルーナS606 ML (シマノ)

リール: ステラC3000(シマノ)

     セルテート3000(ダイワ)

ライン: メインライン  剛戦ⅹ8ブレイド 0.8号 
                    
(ゴーセン)

 リーダー   剛戦ⅹリーダー 17lbs 
                    
(ゴーセン)

ルアー: IP26 (コアマン)

     サイレントアサシン (シマノ)

                         ERDA 86    (邪道)
          ダーティンz82S  (ダイワ)


スポンサーサイト