--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫らくブログの更新を御無沙汰しておりました。

昨日アップしようとしたのですが何故か更新することができず、今日は今日で何方のブログにもコメントを入れることのできないトラブルにみまわれています。

早く普及してくれればいいのですが・・・・?



さて、日曜の熊野のエギングは皆様も御苦労されたように、津波警報のおかげでほとんど釣りになりませんでした。

051_convert_20100302162006.jpg

                   紀東のフィールド

道中降り出した雨が激しくなりポイントに着いても一向に止む気配がありません。

仕方なく、まだ夜の明けない防波堤へと出て行きハイパーダートをキャストするのですが、テンションがガタ落ちです。

でも一投目、キャスト着水後のラインに違和感が・・・・ラインが沈まないのです。

もしかして・・・・・?

半信半疑でアワセを入れると、何かフッキングしたような感触がロッドティップを通して伝わってきます。

ゴミでも引っ掛けたかな?と思えるほどの軽い重さでした。

リーリングしても一向に引く事もないし。

ある程度浮かせたところで、少し離れた中原さんの足元でイカ独特のジェット噴射の水音が聞こえてきます。

暗闇に映る中原さんのシルエットは、防波堤の上で膝をつきロッドティップを海面に向け抜き上げる様子をうっすらと映し出していました。

抜き上げられるほどなので小さなイカだと想像できるのですが、それにしても二人同時に乗せるなんて。

海面に浮かせた僕の方のイカも小さいもので簡単に抜き上げることができました。

二人で釣り上げたのは胴長18cmほどのヤリイカです。

キロアップのアオリイカを狙っての釣行なのですからこれは二人ともリリース。

・・・・・しかし、その後キャストする度にこのサイズのヤリイカが釣れる、入れ乗り状態に突入。

ふと気が付くと辺りはすっかり夜が明けていて、慌ただしく漁師さん家族が総出で作業小屋を片付けています。

 

20cmまでのヤリイカを中原さんと二人で11杯ほど釣ったところで、やっと手応えのある重さのイカをヒット。

でも・・・・やっぱりヤリイカでした。(´_`。)グスン

でもサイズはグンと好くなり胴長で38cm。

057_convert_20100302161708.jpg

       ハイパーダートからダートフォースに変えてもやっぱりヤリイカ 

中原さんも同じサイズを抜き上げていました。

多分、群れが変わったんでしょうね。

このサイズなら何とか写真に撮っても絵になるかなと思っているとカメラのバッテリーが切れていました・・・・(´_`。)グスン

電池なら予備があるのですがバッテリーですからね(;´-`)...。(;-A-;)。。(_Д_)゜はぁ...

053_convert_20100302161546.jpg

 それでも数枚撮ることができ何とかブログに載せれるかな?さあこれからこのサイズを数釣ろうと思っている時に、いつもお世話になっている漁師さんから津波のことを聞かされ、今回のエギングは雨に打たれての30分ほどで終了━。゚(ノдヽ)゚。━

結局この日釣り上げたのは18cm~38cmのヤリイカ14ハイ。(キープは胴長25cm~38cmまでの6パイ)

30分ほどの釣行でしたが入れ乗り状態に満足。

まだ暫らくは大きな群れの回遊が期待できそうなので近々また出かけようと思います。

あくまでもキロアップのアオリイカ狙いですよ。

ヤリイカはおまけで釣れたら好いのですけどね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/115-fcdca746
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。