昨日はSW誌の原稿締切日だったので慌てて原稿を仕上げていたため

気持ちの余裕が無く、日曜の釣果報告ができませんでした。

訪問くださった皆様、申し訳ありませんでした(m。_。m)

日曜の三重は好い天気でした。

でも二週間前に比べると水温が2度近く下がっていました。

こんなので大丈夫。゚(ノдヽ)゚。かなとかなり不安。

しかも三重のフィールドに着いたのは午前8時過ぎ。

美味しい時合いは、もう終わろうとしています。

せっかくの時合いに一杯でもアオリイカを釣ろうと中原さんとマシンガン

キャストを繰り返しますがライン、ロッドティップに何の変化も捉える事無く

時合い終了。

お昼を回った頃でしょうか中原さんが潮が動き出したと言うのです。

確かにキャストしたハイパーダートはラインテンションを掛けると沖へと引っ

張れていきます。

そこで中原さんがラインの変化を捉えアワセを入れます。

エギングロッドのロンギヌスが大きく曲がりグングンっとアオリイカの引きに

合わせて撓ります。

中原さんはアオリイカの引きに同調させるように立てたロンギヌスを前へと

傾け、アオリイカのパワーを逃がします。

しかし、リーリングしても一向にアオリイカは浮いてきません。

ハイパーダートをボトムに着底させ誘いを入れた後、ラインテンションを掛け

て乗せの間を作った時に潮の抵抗でハイパーダートが浮いてしまうため、

中原さんはラインを送り出し、潮にエギを乗せて100mほどエギを流してい

たのです。

ゴーセンのプロトタイプのPEライン200mを巻いていて良かったと後で言っ

ていましたが・・・・・寄せるのにかなり疲れている様子。

根性の一杯でした。

・007_convert_20100316185247

 

ところがそれから・・・・・・

IMG_1212_convert_20100316171305.jpg

                こんなのや

               そしてこんなやつが連発して乗ってきます。

IMG_1222_convert_20100316185049.jpg

 

       ポイントを変えて中原さんと二人でこんな感じでも釣れたりして。

R01_0031_convert_20100316171026.jpg

   久しぶりにエギングを楽しんだって感じがしました。

このまま春の親イカシーズンに突入してくれればいいのですが、まだ先のようですね。

さあ次の休みは中原さんのリクエストに答えてメバリングにでも行きましょうかね。

メバルは苦手なんですけど・・・(´_`。)

 

TACLEDATA

ロッド    ロンギヌス89ET       (オーシャンルーラー)                                               リール   ステラC3000      (シマノ)                                                                ライン    PE0.8号 アーチPEソルトウォーターゲーム プロトPE0.8号(ゴーセン)                                                               リーダー2号 エギファイヤー  (ゴーセン)                                                  エギ     ダートフォース3.5号  ハイパーダート3.5号(釣研) 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/121-09328cca