タイトルはちょっと大げさだったかも、でも確かにキロクラスは釣れますよ。

いつものように土曜日に行われる会議の後、中原さんと合流して熊野へと

向かいます。

到着は午後5時を回り辺りは真っ暗。

ナイトエギングが苦手な僕たちは明日の朝の時合いを待ってエギングを

する事に。

朝一で入ったポイントは、6mほどダラダラと続くシャローの先から急激に20m

ほど?落ち込むブレイク周辺。

壁のように立ち塞がるブレイクのせいで、いくら誘いを掛けて乗せの間を作って

も直ぐに着底(ブレイクの壁にあたる)

でも朝一でこんな910gがヒット。
IMG_2467_convert_20101212195206.jpg 
逆光で何も分かりませんね。

僕が釣り上げた後、直ぐ中原さんも600gをキャッチ。
IMG_2478_convert_20101212195337.jpg 
まったく可愛げがありません。

クリア―な水色なので水中のアオリイカもバッチリ!!
IMG_2476_convert_20101212195421.jpg 
中原さんは300gほどのアオリイカをロンギヌスのバッドパワーを使って

簡単に抜き上げ自慢。
IMG_2477_convert_20101212195633.jpg IMG_2475_convert_20101212195554.jpg 



その後、直ぐに僕に830g、中原さんにジャスト1kgがヒット。
IMG_2482_convert_20101212195810.jpg IMG_2480_convert_20101212195722.jpg
もう、ノリノリです。

ブレイク沿いに潮が走っているのでしょう、ダートフォースを上手くコントロール

できません。

でも、丁度アオリイカの回遊と重なった時合いにポイントへと入れたことが釣果

に繋がったのだと思います。

しばらく続いたアオリイカの反応も遠退き、車で少し移動。

通いなれたポイントへと入ります。

オーシャンルーラーのメシアに釣研のハイパーダートを試しますが、釣れるのは

何故かリリースサイズばかり。

そして良型は釣研ダートフォースのマーブルピンク3.5号だけなんです。

中原さんは水色に合わせて拘りのカラーをローテーションさせていました。

中原さんの得意はローライト時のカラーローテーション。

カラーチョイスが上手なんですよね~

でも、今回は僕の勝ち。

最後の最後に沖にできたカガミにダートフォースを通して1.3と1.5kgを

連続キャッチ。
IMG_2485_convert_20101212195908.jpg IMG_2499_convert_20101212200005.jpg
すみませんね~同じ構図の画像ばかりで。

中原さん,同じ構図でしか写真が撮れないんですよ(´A`。)グスン

一緒に中原さんが釣った600gクラスも入れておきます。


この日は潮が早いものの風が無く、ラインコントロールが上手くできたことで

釣れたのだと思います。

ライインに出たアタリもちゃんと取れたし~

いつもこんなに良いフィールドコンディションならいいんですけど・・・そんなに

都合の良い日ばかりはありませんよね~

TACLEDATA

ロッド   ロンギヌス89ET        (オーーシャンルーラー) 
リール  ステラC3000     (シマノ)
ライン   PE0.6号 エギファイヤー  (ゴーセン)
       リーダー2号 エギファイヤー  (ゴーセン)
エギ    ダートフォース3.5号   (釣研)    
           ハイパーダート3号 (釣研)
      メシア         (オーシャンルーラー)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/190-f84dfad1