この秋3回目のエギングに行ってきました。

ポイントに着いたのは23日に日付が変わったばかりの24時15分頃。

前の釣行で3号のW-SWORDで胴長13cmほどが入れ乗りしたポイントに

入ろうとすると、深夜にも関わらず多くのエギンガーさん達で一杯。

少し離れた漁港隅の常夜灯回りが空いています。

そりゃ空いているはずです。

水深が3mを切っているのですから(´A`。)

でもこの漁港はアオリイカのストック量が半端ではないので諦めきれません。

仕方なく中原さんと二人、常夜灯が照らす海面の明暗部を集中的に狙います。

前の釣行では3号のW-SWORDを使い小イカしか釣れなかったため、

今回は3.5号オンリーでサイズアップを計ります。

ファーストキャストで中層までW-SWORDを沈め、そこから一気にトップまで

ジャークを入れ誘い、止めを入れずにフリーフォールで誘います。

このファーストキャストで使用したW-SWORDにはシンカ―チューンを施して

あるのでかなりの速さでほぼ垂直にフォール。

この作業を足元まで繰り返しW-SWORDをピックアップ。

二投目からはW-SWORDをノーマルに戻し常夜灯に照らされる海面明暗部の

暗部付近へとキャスト。

今度は海面直下50cmほどフォールさせ、それから連続ジャークを5回。

水深50cmほどでのダートですからほとんど抵抗も無く驚くほど大きくスライドし

てくれます。

止めを入れ少しラインスラッグを巻き取り後は放置( -。-)スゥーー

ゆっくりフォールするW-SWORD。

手前へとフォールしながら寄ってくるためラインが吹けて弛みができたかと思うと

いきなり勢いよくラインが直線状に伸びるのでです。

アオリイカのアタリ\(^o^)/

ラインが走るアタリはやっぱり楽しいですよね。
IMG_0099_convert_20120924101908.jpg 
胴長19cmのアオリイカです。

アタリが遠のくと、またフリーフォールでを入れたキャストを組み込み広角的に

探ります。


この位のサイズになると少し引きが楽しめますね。

W-SWORDとダートフォース3.5号を使い海面ダートで大体2時間

ほどでしょうか楽しいエギングができました。
IMG_0092_convert_20120924102057.jpg 
胴長15cm以上を取りあえずキープ。

これは僕の釣果で、中原さんの釣果はまた別なんです。

IMG_0105_convert_20120924102029.jpg 
このサイズ胴長10~12cmがまだまだアベレージサイズ。゚(ノдヽ)゚。

IMG_0120_convert_20120924102132.jpg 
最低でも15~20cmの数釣りを楽しみたいですよね。

何故かダートフォースはマズメパープル、W-SWORDは赤オレンジの3.5号

にしか反応しなかったんです。

釣果は、まずまずのサイズも出たし満足なんですが、達成感が無いんです。

だって・・・・・釣り初めて2時間後には大雨のため終了を余儀無く

されてしまいました。

中原さんは「朝には止むんじゃない」と言っていましたが結局大阪に帰ってきて

もまだ降っていました。

天気予報では、雨って言っていなかったと思うけどヽ(~-~(。。 )ゝ元気だしやぁ~

釣果

アオリイカ……胴長15~19cm 11パイ内3バイキープ 
         胴長15cm以下はその場でリリース  
中原さん     胴長15~18cm 9ハイ

タックル

ロッド      ロンギヌス89ET (オーシャンルーラー)
リール      ステラC3000 (シマノ)
エギ      ダートフォース3.5号 (釣研)
          W-SWORD3.5号 (釣研) 
ライン     エギファーストクラス0.6号 (ゴーセン)
          エギファイヤーリーダー1.75号(ゴーセン)                    
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/248-40e8c4d4