今年、良型が揃うエギングに若狭へと行ってきました。

ところが前回の釣行時と変わらず水温は高いまま、この時期数釣りが

楽しめるシャローでの反応が薄くランガンを繰り返し時間だけを無駄に

費やしてしまいました。
 

 なら晩秋に好釣果が得られる急激に落ち込むブレイクのある地磯へと

ポイントを移したものの、基本砂地であるポイントなのでファーストキャスト

から続けてエソにラインを切られ2本のW-SWORDを持っていかれて

しまいました。

気落ちしながら海面を見下ろすと何となく気になる小さなモジリが次第に

大きなものに変わるといきなりナブラへと変わるじゃないですかo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o

慌ててW-SWORDからGAN² JIGへと付け替えただけの

エギングタックルそのままでナブラに向かってキャスト。

IMG_0014_convert_20131007085703.jpg
画像が小さくて確認できませんが引き延ばせば
      海中に青物がベイトを追ってパニック状態になっています。

着水後、2mほどフォールさせアクションを入れようとするのですがアクションを

入れる前にフォールでヒット。

秋の新子狙いのためドラグを緩めていたのが幸い。

近距離でのヒットにロッドを持って行かれずにすみました。

このナブラの正体は50cm前後のシオでした。

5分程度でナブラは移動するもののシオはその後も釣れ続け、30分スパンで

また違うナブラが入り面白くって・・・・・
IMG_0005_convert_20131007173859.jpg IMG_0009_convert_20131007173400.jpg
シオにハマチ、ヒラマサの幼魚などのナブラが入れ替わりで接岸するので

面白いんですけどショアから狙うこれらはやっぱりサイズが(-_-).。oOO

でも、まさかのシイラのジャンプまで見られるなんて思いもしませんでした。
IMG_0028_convert_20131007090004.jpg 
一度も切れることなくこれらの強い引きにも耐えたエギ ファーストクラス

0.6号PEラインの強度には驚きました。

そしてGAN² JIGのポテンシャルにも。

去年は釣行の都合でサゴシ、ハマチに太刀魚を釣る機会しかありませんでしたが

今回の釣行では連呼ダイに真鯛まで釣ることができました。 
 IMG_0025_convert_20131008165446.jpg IMG_0018_convert_20131008165508.jpg 
サイズはやっぱり小さいですけど・・・・

次の週末から連休なのに台風の影響が残りエギングは難しいかなぁ~ヾ(´_`○)ノ

釣果

シオ       44~61cm  13本
ハマチ      45~66cm   8本
ヒラマサ幼魚  50~57cm   2本
シイラ              58~72cm   2本  
連呼ダイ    33cm      1枚
真鯛?     29~34cm   2枚    

タックル

ロッド      ロンギヌス89ET (オーシャンルーラー)
リール     ステラC3000 (シマノ)
エギ      W-SWORD3.5号  (釣研)
ルアー    GAN² JIG  30g 40g (オーシャンルーラー)  
ライン     エギファーストクラス0.6号 (ゴーセン)
         エギファイヤーリーダー2号 3号(ゴーセン) 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/270-10dcf1fc