--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.8.27未明、須磨沖へタチウオ狙いで阪神マリンさんを出たものの

波風が強く断念。

仕方なく風裏で波穏やかなポイントを見つけ、先週のリベンジで

アオリイカを狙ってみることに。

ところが、この夏オーシャンルーラーからリリースされたエギスタを忘れ

ボート中を探し見つけたW-SWORDをキャスト。

8月も末、気の早いアオリイカのチェイスを期待するも反応なし。

ポイントを替え消波ブロック際へとW-SWORDをキャストしフリーフォール。

するとメインラインであるPEライン(ドンペペ)が持ち上がるようにフケ、慌てて

アワセを入れるとロッドティップに軽い重量感が乗ります。

ボート際に寄せ一気に抜き上げたのは300gあるかどうかのアオリイカ。

先週こけたアオリイカでしたが、まだ暗い未明のタイミングで連発。

サイズもこの時期にしては良型かな?
(まだ辺りが暗くスマホで写真が取れず載せれないのが残念)

辺りが明るくなり始めたタイミングでタチウオ狙いの須磨沖へとボートを走らせるも

波が高くてポイント寸前で引き返す決断。

和田岬往復に1時間30分も掛け戻ってきました。

この日の釣行はこれで終了かな・・・・って考えていると中原さんが

再度アオリイカを狙うということで波穏やかなポイントへと移動。

ここでも消波ブロック帯を狙うと直ぐにアオリイカがW-SWORDを

引っ手繰って行きますが、未明に連発したサイズをはるかに下回るサイズばかり。
IMG_0073_convert_20170830194632.jpg 
胴長がW-SWORDの3.5号とほぼ同じ。

DSC01957_convert_20170830200811.jpg 
このサイズなので中々3号のW-SWORDには乗らず悪戦苦闘する僕の横で

テンポよくキャッチ&リリースを繰り返す中原さん。
DSC01955_convert_20170830200615.jpg 
しかもこの時期にしては良型ばかり。

僕はというと釣っても釣ってもベビーアオリイカ(ノД`)・゜・。
DSC01956_convert_20170830200702.jpg 
僕の釣りあげるのはシャローからディープへと誘うから?

この日の釣果は・・・・・未明に釣ったアオリイカ150~300g 19ハイ
IMG_0095_convert_20170830194652.jpg 
このライブウェルには300g近いアオリイカが11パイ

午前8時~9時までに200~300gが14ハイ
(ライブウェルのアオリイカを含め全てリリース )

帰りの車中で中原さんが良型?連発の説明をするんですが・・・・

この時期のマヅメ時は青物やタチウオの回遊があるのでストラクチャーから

ほとんど離れないのではないかということで、徹底して消波ブロック帯特に

シェードの中でW-SWORDを抱かせることに努めたらしい。

話を聞くと納得ヾ(^-^;) ・・・・・

それに気付いているんだったらその時に教えんかい…

                             と思っても口に出せない僕でした。


タックル

ロッド:   ロンギヌス89ET (オーシャンルーラー)
リール:ステラC3000 (シマノ)
エギ: W-SWORD3.5号  (釣研)      
      ダートフォース (釣研)
ライン: PEドンペペ0.6号 (ゴーセン)
     エギファイヤーリーダー1.5号(ゴーセン) 
    
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/381-2437d51f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。