--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/30 Wed 19:44 フィッシング | 趣味・実用 | 未分類

               エギングマガジン7が発売されました。

377_convert_20090930181727.jpg

 僕も「抱かせのシャクリ&フォールを再点検!!」                                                                                          「今、一番ノッてるフォーローパターン!!」で載っているのでよければ見てく    ださい。 

  役立つメソッドが盛りだくさん!

  エギングファン必見です。

 

さて、今日のブログネタなんですが生活自体に何の変化も無く、どうしようかと考えた時に思い浮かんだのが、いつも釣行に同行してくれる中原さんの面白い言動と行動。 

チーム仲間以外との釣行はほとんど中原さんとなので、話題がどうしても中原さんネタになってしまいます。

なので今日は、内緒で投稿しようと思います。

明日にはバレて削除されるかもの期間限定になってしまうかもしれませんが。

 

2ヶ月前になるでしょうか?

中原さん所有のボートのエンジンの調整を兼ね、和歌山中紀に出かけた時の話です。

一度バラして組んだエンジンは絶好調で、3馬力ほど馬力がUPしたことに中原さんは大変嬉しそうでした。

試走も無事に終わり時間が空いたので、当然そのまま釣りをすることになりました。

毎度の事ながら釣れるのはガシラばかりに、飽きた私はボ~ッと中原さんの釣りを見ていました。

するといきなり中原さんのロッドが絞り込まれるではありませんか。

ノサれるロッドを何度も立て直し浮かせたのは35センチのオオモンハタでした。

ボートの際によせランディングに移ろうとした時です。

何か大きなものがボートを横切ったような気がしました。

中原さんはハンドキャッチにかかろうとしています。

そして中原さんが抜き上げようとした瞬間です。

大きな口を開け、中原さんの腕にサメが襲いかかったのです。

間一髪!中原さんはサメを交わしオオモンハタを抜き上げました。

1mほどのサメでしたがそれでも咬まれると大変な事に・・・・・なるはず・・です・・よね。

怖いですよね!・・・・・・普通は?

でも・・・本当の恐ろしさはこれからなのです。

無事にオオモンハタを抜き上げた中原さんは「よかったオオモンハタがサメに食べられずに」と言うのです。

普通サメが口を開けて迫ってきたら怖いですよね。

私が「大丈夫か」と声を掛ける間も無く中原さんは「見た見た~、私の左パンチ!上手い事かわしよった、あのサメ」と笑いながら。

そういえば抜き上げる瞬間、サメに向かってパンチを繰り出していたような気がする・・・かな?

あまりの怖さに私はハッキリと覚えていません。

「今度来たらハンドキャッチしてやる」とも言っていました。

サメをハンドキャッチ?それは無いやろ~と思うのですが・・・・?

彼女ならやりかねません。

前に太刀魚をハンドキャッチしようとしてましたから。

「怖く無かったんか?」と聞くと。

「あのぐらいのサメなんて」とまったく動じていません。

さらに「私と同じ体格の熊やったら勝つ自信あるで」と付け加えます。

サメ?と熊?どう関係が有るのでしょうか?

どちらも強い?と言いたいのでしょうか?

でも彼女がアピールしたいのは「私が一番強い」なんでしょうね。

この話は実話です。

彼女をご存知の方なら信じていただけるはずです。

                                                          

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/45-488e036a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。