2009/10/14 Wed 17:42 フィッシング | 趣味・実用 | 太刀魚

12日の日曜、エギンに和歌山へ行ってきました。

台風の影響で水色が悪く、おまけに紀北は風速8mの爆風でした。

そんなわけで紀北から中紀そして南紀白浜へと、まったくロッドを振ることなくランガン。

白浜での実績ポイントはウネリが入り水が茶色に濁っていたため、またも中紀へと引き返しロッドが振れたのは昼近くになってからでした。

地磯を30分歩いたポイントはやはり水色が悪くトーンダウン。

しかし青空が広がり気持ちのいい天気でした。

沖には珍しく潜水艦が航行しています。

逕サ蜒上ヶ繝ュ繧ー逕ィ_407_convert_20091013232413

画像を引き伸ばしたので荒れてしまいました。

この日は一人きりのエギングなので釣果を気にすることなく、のんびりとした気分で釣が楽しめます。

でも困った事が・・・・・一つだけ。

404_convert_20091013234539.jpg

 何とかアオリイカが釣る事ができても写真を撮ってくれる人がいません。

セルフタイマーで自分を撮るのは本当に恥ずかしいものだという事に始めて気がつきました。

あまりの恥ずかしさに徐々にサイズアップしても写真を撮るのが面倒になり、最後に釣果だけ撮ればいいか?

なんて、普段のいい加減な性格が一人だと通るのでとても楽でした。

昼からのエギング、しかも強風で水色の悪いコンディションでしたが300、220、480、560gと期待以上の釣果を上げることができました。

2時間ほどエギングを楽しみ少し車で仮眠を取り、夕方からの中原さんとの合流に備えます。

この日の中原さんは初めての単独ボート取材で、後輩の女の子を連れクルージングを楽しんでいます。

二時間ほど仮眠を取り、エギングを再開した時には日がかなり傾き風まで強くなっていました。

取材スタッフに送られてきた中原さんは、後輩の女の子たちにいきなり「太刀魚釣って見せたるわ」と言うと私のロッドにメタルジグを組みキャスト。

スローなジャークで一投目で太刀魚をヒット。

いきなりのヒットに、ボート雑誌の記者さんと後輩たちも驚いていました。

しかも5投中に3回もヒットさせるのですから。

逕サ蜒上ヶ繝ュ繧ー逕ィ_411_convert_20091013230617

本人の中原さんは釣ったサイズに満足いかない様子でしたが帰りの渋滞を考え、この辺で我慢していただきました。

この日の釣果写真は中原さんが太刀魚を添えてくれたのでほんの少し豪華になったかも?

420_convert_20091013234041.jpg

中原さんが釣果写真を取ってくれている時に、私がこの日一番のアオリイカを釣ったのに電池が切れて写真はおあずけ、またの機会に大きいのアップさせていただきます。

写真が撮れなかったのでサイズを量っていませんがグッドサイズでした。

残念。

でも秋晴れのエギングって気持ちいいですよね。

釣果が伴えば最高なんですけど。

 

  

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/49-fbb0a82e