先週断念した三重県熊野のエギングに11月の7日8日で行ってきました。

土曜の昼から出かけたのですが、途中いつもお世話になっている雑誌記者さんのお宅に寄らせていただいたりと寄り道を繰り返し、熊野に着いたのは日付が変わった8日の早朝でした。

最近絶好調の中原さんは、僕が車を駐車スペースへと車を止めに行っている間に護岸の足元へとハイパーダートを何度も落としてはバランス調整を行いスイムテストを手早くこなしていました。

そして僕が駐車スペースから戻ってくるのと同時に200gほどのアオリイカをスイムテストで乗せるとそのまま抜き上げ直ぐにリリースしています。

それから僕らは遊歩道を40分ほど歩き、有名観光スポットでもある磯へと向かう途中で何度かハイパーダートをキャスト。そして小さなアオリイカをキャッチしてはリリースを繰り返し秋の数釣りを楽しみました。

目的の磯に着くと僕はシャローに点在するストラクチャー際へとハイパーダートを通し、早いピッチのジャーク後のカーブフォールで530gを一投目にキャッチ。その横では中原さんが沖目の水深のあるところで同じサイズを乗せるのに成功。

convert_20091110163832.jpg

丁度時合いを迎えていたのだと思います。

僕はシャローで同じようなサイズを連発。

ディープを探っていた中原さんは大きくロッドを曲げ海面までアオリイカを浮かせることができましたが、横抱きしていたのとドラッグが緩かったためアワセのパワーが伝わらず痛恨のバラシ。

しかし諦めの悪い中原さんは何度も潮上からハイパーダートを流し、5投目でラインに出たアタリを捕らえ1.03kgをゲット。

せっかくなので写真を撮ろうとしたのですがノーメイクで眉が無いとの事でNG。

朝のメイクに時間をかけずにタックルの調整に時間を取るなんて中原さんらしいんですが・・・・・・・?

この後も500~700gを3バイほど追加しましたが,帰りの渋滞を考えストップフィッシュとしました。

convert_20091110164317.jpg

朝の3時間ほどのエギングで昼前には帰路についたのですが25キロの渋滞に遭い、その渋滞を抜けるのに3時間掛もかかり大阪に着いたのは20時をまわっていました。そして釣ったアオリイカを自慢しに中原さんの友達の家に寄り、無駄話をして自宅に帰ったのは0時を廻っていました。 

実釣3時間にどれだけの時間をかけて釣りに行くんでしょうか。                              何時も僕たちは・・・・・・・。

TACKLEDATA                                                            ロッド      ロンギヌス89ET(オーシャンルーラー)                                       リール  ステラC3000  (シマノ)                                               ライン  PE 0.8号プロト リーダー エギファイヤーリーダー1.75号(ゴーセン)                  エギ   ダートフォース3.5号(釣研)  ハイパーダート3.5号(釣研)                                                                                                                  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/56-e92fdd1a