最近調子の好い熊野にエギングに行ってきました。

あまりにも早く着きすぎたので朝の時合いまで仮眠することにし2時間ほど寝ていたでしょうか、ふと目を覚ますと中原さんの姿が見えません。

トイレに行ったのだと思いさほど気にすることなくまた眠ってしまったのですが、次に起きた時にも中原さんの姿がなくさすがに放っておく訳にもいかず、辺りを探してみましたがやはり姿が見えません。

携帯電話は圏外です。

何か手がかりが無いかと車内を探すと、見つかりました置手紙が!!

「イセエビ漁に行ってきます」の一言だけ。

何でイセエビ漁なんでしょう?

取り残された私はいったいどうすればいいのでしょうか?

中原さんが戻ってきた時に車の傍にいていないとまずいだろうし、車のキーは僕しか持っていないし。仕方が無いので車を止めている護岸でエギングをしながら中原さんを待つことに・・・・。

でも釣れる気がしないんですよね。湾奥の潮が通らないポイントなので。

少し歩いたところの地磯は今日は波が高くて危ないし、防波堤は釣り禁止で立ち入る事もできません。

「やっぱり此処しかないのか」と思いながら釣れないと思っているところでのエギングも面白くないので、世界遺産でもある熊野古道の風景写真を撮っても天気が悪いので上手く撮れないし・・・・・・。

128_convert_20091130171133.jpg

ローカル電車も風情があるかなと思って一枚撮って見ました。

 

すみません。

月末で締め切りの原稿が沢山あるのので、続きは明日ということで。

今回のエギングはいったいどうなるのでしょうか・・・・・・・?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/67-46f0810b