パソコンがやっと普及?

まだ分かりませんが、続きを報告させていただきます。

ナブラ撃ちで中原さんとほぼ同時にヒットさせたは良いのですが、何せエギングタックルですからロッドとラインを労わることで精一杯。とても寄せることなどできません。

何十分たったのでしょうか、実際5分も経ってはいないと思うのですがとても時間が長く感じられ、だんだん恐ろしささえ覚えるようになってきます。

さすがの中原さんでさへ、ドラッグが唸るたびに訳のわからない叫び声を上げるのですから・・・・・?

まだラインに余裕のある僕はまだドラッグを絞めることなく送り込んでやることもできるのですが、中原さんはスプールの下地が見えそうになっているとのこと。

そこで、まだ弱らないメジロに対して勝負に出る中原さん。

ドラッグを微調整しながら慎重に寄せに掛ります。

僕も中原さんもPEライン0.8号、リーダーが2号と、掛ったメジロに対して超極細で対応。

ロッドの「ロンギヌス」など、ドラッグを少し絞め、立てるだけでバットから曲がり金属音をたてています。

メジロを掛けてまだ10分もたっていません。

一旦収まっていたナブラが僕と中原さんの中間地点、しかも沖で再び湧きだしました。

するとフッキングしていた僕と中原さんのメジロが一気に活気づき、水面からジャンプして一気に走りだします。

と同時に、お互い距離を取っていたにもかかわらずラインが交差、ロッドワークで回避に努めましたが中原さんとも同時にラインブレイク。

長かったようで短いメジロとの格闘が終わってしまいました。

いつもならこのポイントでエギングするときには青物用のロッドを持って入るのですが、この日は大勢いたので邪魔になると思って車に置いてきてしまったのでした。

バラシはしましたが、そばで見ていた中原さんの弟子たちは面白かったと興奮しています。

中には来年サバから青物を始め、最終的にはブリに挑戦すると言っている娘もいました。

中原さんの弟子たちは短絡的で面白いのばかりなんですよね。

期待してブログを見てくださっていた皆様には申し訳ありませんでした。

でも、この日の釣りはまだまだ続きます。

今日の夜か明日の朝には最後の釣果を更新させていただこうと思っています。

お忙しいとは思いますがまた見てくださいね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/90-2eea362b