長々と引っ張ってしまって申し訳ありません。

どうしても途中で記事が消えてしまうもので・・・長くなると書き直しが辛くって。

 

ラインブレイクでメジロを逃がしてしまった僕と中原さん。

長く続いた緊張から解き放たれた反動で馬鹿笑いするしかありません。

そばで見ていた中原さんの弟子たちは茫然とした状態でしたが、しばらくすると「面白い~o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o」なんて言って大喜び。

女の子ってたくましいんですね。

特に中原さんの弟子たちは・・・・・(; ̄д ̄)

メジロにラインを切られてしまったため一旦車へと戻り、新しいラインを巻きなおします。

僕と中原さんはエギングのスタイルが違うためラインンの好みもバラバラで、僕はゴーセン「剛戦sw」の0.8号、中原さんは同じくゴーセン「アーチPEソルトウォーターゲーム」0.8号をチョイス。どちらも強度が抜群に強く先ほどのメジロも途中までは獲れると思っていたほど。結局はバラしてしまいましたが・・・・(´A`。)グスン

ラインを巻き、僕はより潮の通るポイントへと移動。

中原さんはまだビギナーの弟子のためにシャローポイントへと、お互い別々のポイントへと別れてアオリイカを狙うことにしました。

少しずつランガンを繰り返しますが、僕に釣られるアオリイカは何所にもいません。

ただ中原さんのチームは200g前後を順調に釣りあげているとか?

半ば諦めて中原さんチームと合流しようと考えたときでした。

20mまで沈めたハイパーダートに何かコンタクトがあったのか、海面を漂うラインが少し弛むのです。

半信半疑でアワセを入れるとズッシリとした手応えがロンギヌスを通して伝わってきます。

この日のファーストヒットなので慎重に取り込み計測すると、700gと少し不満の残るアオリイカでした。

暫く同じポイントでキャストを続けていると、先ほどとは違うズルズルとラインを引きずるようなアタリが!

少しラインスラックを作りアワセてみる。

ズッシリとした重みが伝わってくるものの引きを感じる事ができませんでした。

ゴミか?と思ってエギを回収しようと中層まで寄せてきたとき、いきなり強い引きがロッドを曲げます。

周りで見ていた他のエギラーさんからも、応援の言葉をいただき励まされながら海面まで浮かせては見たものの・・・・・・・。

ポッカリ海面に現れたのは巨大な甲イカさん。これにガッカリされたエギラーさん達でしたが、それでもギャフ入れを手伝ってくださり無事キャッチすることができました。

159_convert_20091228100222.jpg

 これがタイトルにある1.72キロの・・・・・です。。゚(ノдヽ)゚。

なんとなく気まずい雰囲気が流れましたが、直ぐに連続してアオリイカのアタリをキャッチo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク

そして取り込んだのが810gと790gに760g。

なんとか先ほどお手伝いくださった皆さんにも顔がたち\(^_^=^_^)/ 一安心です。

158_convert_20091228100402.jpg

 どうにかこうにか坊主を逃れた僕は、急いで中原さんのいるポイントへと向かいます。

そこでは厳しい中原さんのエギング講習会が開かれていて、100g~300gまでのアオリイカが数釣れていました。

この日中原さんは700gをリミットに500gの中型を3バイ釣ったそうで、まずまずの釣果に少し機嫌が良かったみたいです。

これで無事今年のエギングを終了することができました。

 

ブログを始めて3カ月、皆さんの暖かいコメントに支えられ続けてこられることができました。

本当にありがとうございました。

来年も皆さんにとって良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

来年もよろしくお願いいたします。

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://intercept1029.blog84.fc2.com/tb.php/91-e646fa7f